酵素がないと人間は生きられない

酵素とは、人間をはじめあらゆる生物の体内にある分子です。

酵素の役割を知ればあなたも”酵素がないと生きていけない”ことが理解できると思います。

 

酵素の役割

  • 呼吸
  • 消化
  • 栄養素の吸収
  • その他臓器の働き
  • 成長
  • 新陳代謝

これらの生命活動全てに酵素が必要なのです。

重要な役割を持っている酵素ですが、私たちのカラダの中には大きく分けて2つの種類が存在します。

 

「消化酵素」と「代謝酵素」

まず消化酵素。

消化酵素とは、食べ物の消化・吸収を行う酵素です。

次に代謝酵素。

代謝酵素とは、新陳代謝などの生命維持に欠かせない活動を行う酵素です。

新陳代謝とは

人間のほとんどの細胞(約60兆個、脳細胞除く)が3ヶ月程度の周期で新しい細胞に入れ替わる現象のこと。

これら2つの酵素がバランスよく作られることで健康なカラダでいることが出来ます。

 

2つの酵素のバランス

酵素グラフ1

酵素が体内で生成されるのには限界があり、また加齢とともに酵素の量は減少していきます。

さらに酵素には「消化酵素が優先して作られる」のも特徴です。

食べ過ぎなどの原因で酵素を浪費した場合、代謝酵素の生成量を減らしてしまうのです。

酵素グラフ2

また、酵素は食生活の乱れや日々のストレスからも減少してしまいます。

どうやら体内で作られる酵素だけではバランスを保つのが難しそうです…

そこで、「酵素を取り入れる」というライフスタイルが今、拡大しているのです。

 

食べ物から摂る「食物酵素」

ダイエットで痩せるのに必要な酵素はおもに代謝酵素で、新陳代謝を活発にし消費カロリーを高めることが重要です。

しかし消化酵素が優先して生成されてしまうのでなかなか難しいのです。

どうしたら消化酵素の生成を少なく抑えられるのか…

その方法が「食物酵素」を取り入れるということです。

酵素グラフ3

良質な酵素を含んだ食品を取り入れることで消化酵素を節約し、代謝酵素を減らさずにバランスを保つことが出来る。

これが酵素ダイエットの大きな特徴なのです。